髪を育てる奥義とは|プロペシアによるハゲの後退を伝授

国際的にも初となる経口薄毛治療薬

サプリ

プロペシアとは、フィナステリドを主要な成分としている5α-リダクターゼ阻害剤に分類される錠剤であり、経口内服する事で発毛効果が期待出来るとされる医薬品で有り、同一成分含有の後発薬としてフィンペシアという製品も登場しており、先行するプロペシアは国際的にも多くの国で承認を得ており世界60を超える国々で雄性ホルモンの変化により産生される物質を原因とする脱毛証の一種、AGAの治療に役立てられており、国内では2005年より医師から処方が行われる様になった比較的新しい医薬品となります。
フィナステリドの用量は0.2mgと1.0mgの二種の規格が有り、どちらも剤形を円形とし外見は薄いピンク色を特徴としており、男性の方専用の医薬品となるので女性の方や男性の方でも成人を迎えていない未成年の方が内服する事は安全性の確認等の問題から内服する事が出来ないとされ、二つの用量は医師の判断により適宜増減するとされています。
AGAの仕組みとしては、雄性ホルモンテストステロンが酵素の働きにより変化し悪玉性ホルモンDHTとなる事で毛乳頭細胞へと結合し成長期にある毛髪の成長を抑える事や栄養を十分に吸収する事を止めてしまう事になりその結果、頭皮に脱毛の症状である毛髪が薄くなる事や抜け毛の量が増えるといった症状が見られる様になります。
上記の仕組みから原因となるDHTの産生を防ぐために作用するのが成分フィナステリドになり、産生を促進する酵素5α-リダクターゼを阻害する事で産生される事を抑制する事ができ、投薬開始から半年程経過した時点で頭皮に効果が現れる様になると言われ、最低でも一年間内服する事で約七割の方の頭皮に発毛あるいは脱毛の進行を遅滞させる効果が見られるとされています。
その為、プロペシアは治療には欠かす事が出来ない薬剤となりますが国内では医師からの処方を受けない限り内服する事は出来ず、保険適応外となるので自費での定期的な負担を要しますが、フィンペシアであれば当人が個人で海外から輸入する事で内服する事ができ先発薬と比較しても安価に内服する事ができ、上述した様に七割の方には効果が有りますが残りの三割の方には全く効果を発揮しないので、時間とお金を掛けて効果が無い事もあるので後発薬フィンペシアを用いる事も選択の一つとなります。

プロペシアの効果・効能|プロペシア通販ガイド